坂道の途中

欅坂46を応援する大人のブログです。エモーショナル多め。

初めて全国握手会に行きました@京都パルスプラザ ①

f:id:switch_mojiko:20170429191324j:plain
少し前の話ですが、今年の目標に掲げていた握手会行ってきました。人生初!
4/29京都パルスプラザ 欅坂46全国握手会。

さすがに握手会まで行くのはまだ早い、と思っていたのですが、てちが「15歳の自分は今しか表現出来ない」と言うし、ずーみんの事もあったりで、アイドルとは有限のものだよなぁと感じ参加した次第です。
そもそも握手会ってなんなのか、どうやって行くのか、など超初歩的な事を最近学んだばかり。色々、戸惑いがすごかったですが折角なので記念にレポを残します。
自分のための備忘録なので大した内容ではないです(そして間違っている可能性が…)。恐らく当たり前すぎる内容になっていると思います。
ちなみに今回も一人参加。良く知らない状態なのに正気か?と自分でも思いますが、変な所に行動力を発揮してしまう・・・(行動しながら考えるタイプ)
あ、①ではまだメンバーの話出てきません。笑

【準備】
握手券の入手:
まず、握手会は2種類ある事を初めて知る。
全国握手会と個別握手会。
同じ会場で土日で1日ずつ行われ、それぞれの特徴は

全国握手会(全握):握手会前にミニライブがある。握手会は二人ペア(漢字とひらがな1名ずつ)。握手券はシングルの初回限定盤を購入するともれなく付いてくる。誰と握手するかは当日決められる。
個別握手会(個握):握手会のみ。事前に決めたメンバーの一人と握手。専用サイトで握手券つきの通常盤のCDを購入する。一次受付で完売してしまうメンバーもいる。

これだけ見ると全握の方が良いような気がしますが、個握の方が 握手する時間が長めだったり、混雑が比較的マシだったり、メンバーが私服やコスプレをしていたり(全握は制服)、と言う良さもあるようです。
あとは、メンバー毎の券を買うので、より「支えてる感」がある、とかなのかな…?(想像)。
メンバーのお誕生日を祝う生誕祭はお誕生日に近い個握の日に行われるようです。
私は最初は個握に行こうかな、と思ったのですが、通常盤を何枚も買うのに抵抗があり全握にしました。いや、一枚だけでもいけたのかもしれないけどさ。。

持ち物:
握手会には長時間の待機がつきもの、と言う事で前夜に公式HPの案内とファンの方のブログを読んで持ち物を決める。握手会の券と貴重品以外で持っていったのは
・折りたたみイス、帽子、上着、日焼け止め、タオル、モバイルバッテリー、音楽プレイヤー、ウエットティッシュ、水、食料
折りたたみイスって発想が全く無かったけど、これは持って行って良かった。座れると楽。
しかし雨具を忘れたのが痛恨のミス。。列は詰めて並ぶので傘よりレインウェアのが良さそうでした。
ウエットティッシュは、過去に作家さんのサイン会とかに行った時ついでに握手してもらったけど結構こっちも緊張するよな〜と思い出して。手汗を拭くためです。笑
実際は冷えてて汗かかなかったけど。

会場到着時間:
ミニライブは12時~13時まで、その後14時~握手会。ミニライブ後はお客は一旦退出。
開場は10時半なんだけど、整列開始時間が6時半・・・6時半?!って感じですがそれより早く来る人もいるんだろうな・・。早く行った方がいいのか?と思ったけど、一人だとトイレも行けないしって事で開場時間を過ぎたあたりに着くようにしました。

【会場へ】
最寄りの竹田駅から会場まで15分ほど歩くけど、欅ファンが歩いてるので道は調べなくてもすぐ分かりました。それは良いんだけどなんか年齢層がやたら若そう・・。一人の人もほぼいないし、ほとんどが学生さんって感じの人達ばかり・・。カバンにメンバーの写真入りキーホルダー付けてたりするよ。気合とお金のある大人は早朝に向かうのか?と考える。

うーん、去年の有明ワンマンライブでは全然気にならなかったのになー。(風邪でやや朦朧としてましたが)
歩いてる内にだんだんと自分はもの凄くアウェーな場所へ向かっているのでは?と憂鬱になる。
城南宮(パルスプラザ近くにある神社)で藤の花見て帰ろかな・・とちょっと本気で悩みました。笑

そうこうしている内に着いてしまい、流れるように待機列へ。待機列には親子連れとか一人で来ている女性も僅かながらいて、少しホッとしました。
でもまだ沈んだ気分だったので、スマホも見ず、音楽も聴かず、真顔で並んでました。笑 
並んでる場所は駐車場なので乃木坂先輩仕様にラッピングされた気合いの入ったオタクの方の車などを眺める。すげー。40分くらいで中に。

女性・子供専用レーンに並んでたはずが貰った引換券のブロックは一般エリアでした。何でだろ。係員の人に聞こうかなーと思ったけど、女性ブロックは前の方で混んでそうだし、後ろでまったり見るのもいいかー、と。BGMで不協和音が流れると「僕は嫌だ!」と叫んでる人達が結構いました。この曲はホントに煽る力が強い。広々していた後方エリアも徐々に混んできてややカオス。

そしていよいよ開演。